安全について

私たちが仕事に臨む上で重視するのは「安全」です。労働災害はもちろん公衆災害の防止を徹底するため、「そうけん安全衛生委員会」を組織して毎月、現場の安全パトロールを実施するなど、厳しい目をもって安全対策を強化しています。

「そうけん安全衛生委員会」安全パトロール
安全衛生の推進を担う社員により「そうけん安全衛生委員会」を組織し、役員とともに毎月1回、各現場で安全パトロールを実施。
結果はその場で現場責任者に報告し、改善すべき事項があれば指示を出して速やかに必要な措置を行う体制をとっています。

4月 安全パトロール結果

令和5年4月13日

令和5年4月13日(木)

・一般国道39号網走市網走道路維持除雪外一連工事では国道244号線にて道路清掃工の春先堆積土処理作業状況を確認したところ、歩行者優先での交通誘導等支障なく、作業者もマスク等の防塵装備等についても問題なく進められていた。観光等での交通量も増加しているので通行車両の動向に注意し、一般住宅側からの車両等の出入りについても随時確認し通行に支障の無いよう誘導する事。

・網走市汚水処理施設等包括的維持管理業務委託では浄化センター最終沈殿池A系循環ポンプのオイル交換作業状況を確認したところ、作業自体は問題なく進められていたが、作業指示に記載されている作業中の表示札がかけられていなかったので改善指示を行った。日常点検業務では同じ作業の繰り返しなので慣れに注意し進めてもらいたい。
また水槽内転落時に使用する救命具浮き輪については作業箇所付近に常備するよう周知する事。

・稲富旭線第2号橋新設工事(上部工)では現地確認を行ったが、午後より作業開始との事であるが型枠・鉄筋作業においては足元の確認を十分行い転倒事故に注意する事。24日の週からはコンクリート上部PC桁架設作業となるが、大型クレーンの組立・PC桁架設でのクレーンによる玉掛け・合図については作業計画に沿って行い、架設時での高所作業では親綱の設置・墜落制止用器具の確実な使用にて進める事。

・網走川環境整備事業の内 中央橋函渠工事では現地確認を行ったが、交通量が多く周辺に公共施設・民間商業施設が多いので作業時での交通規制や工事関係車両等の出入り時では一般歩行者・車両等に支障の無いよう計画してほしい。
またカルバート等重量物の取り扱いも多いのでクレーン作業に係る作業計画についても慎重に検討し進めてもらいたい。

・第二呼人川復旧治山工事での現地確認を行ったが、昨年に引き続きの現場であり更に上流に向けての仮設道路・谷止工等の工事であるが、伐木作業においては軟弱な地盤も多いので伐木時での作業員や集積機械の足元の確認を慎重に行い作業するよう下請け業者には周知する事。仮設道路等での敷鉄板の使用においては重量が重くあおられる事も多いので玉掛け合図を確実に行い事故の無いよう進めてもらいたい。

・北見北部地区流木防止総合対策工事では現地確認を行ったが、通勤距離が比較的遠いので職員・作業員には時間に余裕を持って通勤するよう指示する事。現地状況としては道道沿いの為工事関係車両の出入り時の安全確認を徹底し、作業通路内では縦断勾配が急な箇所があり幅員も狭いので路外転落等に十分注意するよう周知してもらいたい。

・右の沢川 砂防工事(補正)(翌債)では現地確認を行ったが、今月末ごろから伐木作業が開始されるので切倒しの際のかかり木の無いよう注意するよう下請け業者には周知してもらいたい。また現場までの通行区間が軟弱地盤にて振動の影響を受ける地域の為、工事関係車両は慎重に通行するよう朝礼等にて打合せを行ってもらいたい。